2012年12月14日 (金)

ふたご座流星群

Dsc_0851_01
本文と画像は関係ありません・・寒い遠い山に行って、こんな星空しか撮れなかった、今年一月のあたし・・・・

今回の流星群は、新月でもあるし、お天気だし、東京からも見ることができます!とのニュースの言葉に、心ウキウキ。

深夜1時半ごろ・・ベランダから乗り出して眺めていたら・すーすーっ

これは、もっと深夜なら、もっと街が暗くなって、ばっちり見えるだろうと、目覚まし時計を午前3時にセット。

プレッシャー(?)なのか、久しぶりの金縛りにもあってしまい。いつもなら、うなる私のおでこをばしっと叩いて金縛りを解いてくれる爺やもいなくて・・・うううううううと苦しむ。

で・・そのままスースーと寝てしまったらしい。(正確にはがーがー)

起きたときには、夜明け前の美しく茜色に輝く空。

でも、昨夜、確かに、見た!

つーつーっと流れる星を見たから、それだけでも、満足。(しよう。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

宇宙へ。

宇宙航空研究開発機構で、メッセージ募集中

榛名さんのところで、昨夜知り、慌ててメッセージを。こんな証明書をプレゼントしてもらえる(ダウンロード)。

少女趣味なメッセージで・・・ほほ。金星もびっくりですな。

締めきりは10日。つまり本日。

Cert_v30009869_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

月のカレンダー

来年用の 太陽星月のこよみ が送られてきた。

月の満ち欠け位相図と一緒に。

このカレンダーは、その日の月の形を始めとして、ものすごくたくさんの情報が盛り込まれている。でも、申し訳ないことに、私はただ、毎日このカレンダーを見て、<あ、明日は満月なのか・・><おお、○○の日なのか>などと思って喜んでいただけ。

宇宙とつながってる感・・・・・・・・・・ちょっと照れくさい言い回しながら・・・・・・そんな感じが、お月様の満ち欠けにはある。

2010年のカレンダーの表紙をびりっと破いたら、(今年のカレンダーのときには気づかなかったけれど、)表紙の裏に<天気表・生物季節>というものが。

そして、欄外に、『毎日の天気を調べて、一年間の晴れや雨などの日数を比べてみましょう。生物季節も平年と比較してみましょう。』と書いてあった。

【生物季節】という言葉がものめずらしくて、どういうことが書いてあるのかなあ・・と、じっくりと眺めてみた。365日それぞれの日にちの下に(すべてではないけれど)全国各地のいろいろな花の開花状況や虫や鳥の状況が記されている。

ちなみに、私の誕生日は<徳島・奈良・横浜ウメ開花>と書いてあった。

なんだか随分、地域にばらつきが・・。

長男の誕生日は<秋田タンポポ開花>
長女の誕生日は<相川、仙台、酒田百日紅開花>
次男の誕生日は<東北北部ツユ入りの頃>
夫の誕生日は<盛岡、秋田カエデ紅葉、札幌イチョウ黄葉>

これは・・・・面白い。

備考欄には、果樹の剪定とか、麦の収穫とか。

来年は、<月や星や虫や草花と一緒に、この宇宙を生きているのだよね・・・>と、毎日の暮らしの中、この表を見て、そんな気持ちを思い出せるかもしれない。

いや、たぶん、現実の私は、いつも通りドタバタジタバタして、そうそうピュアではいられないのだろうけれど、それはまあそれで・・・・ケセラケラ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

星と月に願いを・・

今回、夜空を撮影することは、あまり考えていなかったけれど、ほかの方の様子を見ていて、何となく興味が湧いてきた。

同行の方が、親切にもご自分の予備のレリーズを貸してくださって、使い方をレクチャーしてもらった。

小屋のそばで練習。

翌朝、北横岳山頂付近で、朝4時半ごろから。

月が照っている時間帯は星空撮影には向かないとのことだけれど、煌々と照る月の光を浴びた山や木々は、昼間とは違う顔。

わたしだけの小さなメルヘンの世界。

Dsc_0955brog

毎日、一生懸命働いて、一生懸命勉強して、一生懸命家族に感謝して(ゴマをすって)

そして、ときどき・・・・・・・・・・・・・・・・・

メルヘンの世界へワープできますように。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

満月

ちょっと外を見たら、雲が切れていた。

それにしても、おとといの月と、違いはあるのだろうか??ちょっと明るいかな?

それなりに、あれこれ設定を変えてみたのだけれど。

?が増大しただけ。開放で撮ると、どの本にも書いてあるけれど、こんな明るいものなのに開放で撮るのはどうしてなのだろう。

根本的にわかっとらん私・・・。結局、F8で撮ってみたものがこれ。

黒斑の頂上で、『F8でね・・』と、K先生に言われてから、困ったときはF8。レンズの状態が一番いいと言われたから・・・(応用力なし。)

たぶん、月には月のルールってものがあるのでしょうね。都会の月で練習して、いつかは山の月明かりにチャレンジ!

ふ~。  夏が終わる頃、もう一回、基礎勉強やり直し。

ゆっくり、行きませう。

では・・・満月も撮れたので、安心して北九州へ。

Dsc_0146

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

8月5日の月

2009_08_04_0033_edited1

本日は雲あり。

昨日の設定は勘違い。でも、条件が違うので、設定の違いによる違いがわからない??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

部活動

きのうの夜、ベランダに出たら、空が明るい。

部屋に貼ってある【2009年月の満ち欠け位相図】を見たら、満月。

三脚を出して、撮影。

1人の晩御飯である、冷麺の麺が・・・・お鍋の底にこげついてしまったけど、部員らしい行動ができました。(画像の出来はともかく・・)

と、思っていたら・・・実は、位相図を見間違えて、本当は、明日(6日)が満月でありました。                 shock部員失格shock

Dsc_0109

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

山岳会宇宙部あらため  山岳界宇宙部

山岳会宇宙部あらため山岳界宇宙部に入部しました。

うれしはずかし・・

運がよければ、本当に運がよければ・・・・・かなり運がよければ・・・・・・・・・相当ウンがよければ・・・・・・・・・・・・・ものすごくウンがあれば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年度最後の記念に、雪のお山のお月様を山岳会宇宙部に、TBできるかもしれません。

乞うご期待。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月30日 (日)

お月様

この快晴に、どこにも出かけなかったけれど、夕方の空はドラマティック。

ぼ~っと、光の変化を眺めているだけでも、飽きませんなあ。

Dsc_0328_edited1

| | コメント (20) | トラックバック (1)